« 秋の試乗会始まりました! | トップページ | 9/8 シーカヤックパレード »

2013/09/08

カヤックフィッシングに向いたリーシュコードとは。

週明けからようやく気候が安定し、関東でも朝夕は秋らしくなるとのこと。

夏の終わりというか秋の初めは、シーバスシーズンのスタートでもあり、もちろん、カヤックを使うと爆発的に釣れたりする時期でもあります。内湾のシャローや干潟、河口周辺など、比較的、波の穏やかなエリアでの釣りが中心となることも多いだけに、初心者でも十分にチャンスがあります。ルアー+カヤックが初めての方でも、群れに当たれば朝まずめだけで大満足の釣果を得ることもできるので、ぜひ、チャレンジしてみてください。

かくいう私、ナガシマも、初めてのカヤックフィッシングはシーバスで、それそれは衝撃的な経験でした。ボートシーバスのようにキャプテン任せではなく、自分でポイントを探す楽しさや、目線が低い分、ヒットしたシーバスが目の前で暴れるダイレクト感は、カヤックでなくては絶対に味わえないものだと、初チャレンジのときにはっきり認識しました。

さて。

パターンにハマれば怒涛のスーパー入れ食いになることもあるカヤックシーバスですが、よく釣れる分、正直、釣りが雑になりがちです。デッキの上にはルアーが散乱するし、ランディングネットやランディンググリップ、プライヤーなどをつないだバンジーコードなどがぐちゃぐちゃに絡まることもあるし……さらに、パラシュートアンカーのロープやらパドルのリーシュコードやらで、大変なことになりやすいのです。

特に、カヤック本体とパドルをつないでおく、絶対に必要な安全装備のパドルリーシュ(パドルストラップともいいます)は、手元足元に近い分、PEラインがまとわりついたり、フックが刺さったりすることが多く、すっきり整理整頓したいカヤックフィッシングではけっこうこだわったほうがいいアイテムだと、ナガシマ的には考えています。

Nec_0187
C.O.D./コイル・リーシュ


ナガシマが好きなのは、これくらいコイルが大きいコードです。C.O.D.のコイル・リーシュは、スコッティのセーフティ・リーシュと並び、カヤックフィッシングでは理想的ともいえるパドルリーシュのひとつです。これならすき間にPEラインが挟まってもすぐにはずせるし、もちろんフックが刺さるといった不要なトラブルもありません。

Nec_0185_2
腰近くに取り付ければ、乗艇や釣りの邪魔になりにくく、重さもほとんど感じません。


パドルのシャフトに巻きつける部分が丈夫なナイロンベルト&ベルクロ仕様で、紫外線や潮による劣化が少ないのが特長です。また、コイルの伸縮幅が大きく、長さも十分にあるので、カヤックの取付箇所を選びません。たしかに、大きさ的にはけっこうゴツくて存在感がありますが、腰に近い部分につないでおけば、漕いでいて重さを感じたり、邪魔になったりすることはほとんどないとナガシマは思います。


シーバスだけでなく、瞬間的な時合をものにしたい青物狙いや、正確なキャスティングを要求されるブラックバスなど、カヤックでの釣り&パドリングにこだわりたい方には、ぜひおすすめです!



今日のおまけ写真。

Nec_0181
左下の黒い影がクロダイです。もうね、歩道の真下にいるんですよ。

横浜は馬車道にあるサウスウインドの実店舗から歩いて約50歩、時間にして約30秒ほどの万国橋のたもとのシャローには、いま、45~55cmクラスのランカークロダイがよく見えます。小魚などのベイトが多いときには10枚くらい、少ないときでも2~3匹はいます。なぜか店側のシャロー、しかも歩道沿いによくいます。というか、万国橋付近には、ここにしかいません(笑)。なんとなく、クロー系ワームのジグヘッドリグでボトムの釣りをすれば食いそうなイキフンがありますが、正直、通行するギャルの目線があるので、まだ挑戦していません。ひとりで釣るのはちょっとアレなので、だれか、一緒に狙ってみませんか。















P1230929
サウスウインドのKBM(看板娘)こと、安定のヨッC3POことヨッシーと一緒に釣りをするのもアレなので。

|

« 秋の試乗会始まりました! | トップページ | 9/8 シーカヤックパレード »

カヤック用品」カテゴリの記事

ナガ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88283/58146730

この記事へのトラックバック一覧です: カヤックフィッシングに向いたリーシュコードとは。:

« 秋の試乗会始まりました! | トップページ | 9/8 シーカヤックパレード »