« ウエアに愛を。 | トップページ | カーペンター/ミニイール。 »

2013/04/07

「カヤック酔い」は克服できる。

サウスウインドのある横浜も、今日は一日、暴風でした。当店が誇る、歩くカヤック百科事典ことヨッシーは、とても小柄なので、お客さまのカヤックをタイダウンしているとき、風に飛ばされそうになったそうです。そのことをもうひとりのスタッフ、マイペースカヤッカーこと水野センセに話すと、「そんなワケはない」と軽く一蹴していました。そんな微笑ましいやりとりを聞きながら、毎日、楽しく仕事をしているナガシマです。

さて。

だいぶ暖かくなって、当店からもたくさんのカヤックが巣立っていくシーズンになりました。

お客さまの活性もかなり上がってきていまして、「今週はシーバスを釣りにいきます」「25cmクラスのシロギスがけっこう釣れました」「そろそろマダイですね」と、楽しそうに話す姿が非常に印象的! みなさん、釣った魚をカヤックと一緒に写真に撮って、ナガシマに自慢してくださいませ。

ちなみに、今年は黒潮の蛇行が異常?で、関東地方では、房総半島の先端をかすめる勢いです。このため、例年よりも海水温の上昇がかなり早く、伊豆半島、相模湾、東京湾では、4月7日現在、18~20℃で推移しています。これは、過去、何年もないくらいの温度で、例年よりも5~6℃ほど高いデータになっています。

このため、相模湾の乗合船では、なんともうシイラが釣れました。おまけにカツオもあがっています。もちろん一時的なものかもしれませんが、ナガシマのルアー人生では、4月初旬にシイラが釣れたと聞いたのは初めてです。本格的なシーズンを迎えたら、どうなっちゃうんでしょ!?

これだけ水温上昇が早いと、みんなのアイドル、アオリイカの状況も気になりますね。例年なら5月のゴールデンウィーク以降が本格シーズンインの目安だったりしたのですが、この水温なら、もう産卵行動に入ってしまうのでは?と逆に心配。

そんなアオリイカですが、カヤックだと、通常のキャスティングも、ティップランもできます。しかも、手つかずのポイントを攻めやすいので、よく釣れることも多いです。岸釣りでは本当に釣ることが難しくなったアオリイカが、カヤックならいとも簡単に釣れたりするので、それを目標にカヤックフィッシングを始めるお客さまも多くいます。

ところで、カヤックが初めてのお客さまのなかには、船酔いならぬ「カヤック酔い」を心配される方もいます。もちろん珍しいことではなく、当店の最強パドルガールことヨッシーも、釣り中に酔ったことがあります。なので、無理しないで、酔い止め薬を飲んだほうが、釣りに集中できるかもですよ。

Nec_0103
これが最強の酔い止め薬「エスエス製薬/アネロン ニスキャップ」

多くのソルトアングラーが「これで船酔いに苦しまなくなった」と絶賛する酔い止め薬です。ナガシマも、これを飲めば100%船酔いしない自信があります。過去に船酔いしたのはアネロンを飲まなかったときだけ。これまで100人くらいに勧めましたが、それでも酔ったのは2~3人でした。このリアルな数字が、効用の高さを物語っていると思います(笑)。

空腹時を避け、出艇の30分前に飲むと効果的です。

もちろん、これを飲むと、かなり眠くなることもあるので、服用後の運転には注意が必要です。用量・用法を守って、アオリイカのカヤックフィッシングを楽しんでください。

 

最後は、今日のサウスウインドBest buyです。

Nec_0105
USAブランドの、あの「クレイジークリークチェア」が、な、なんと……1,980円!!!!!
ア○ゾンでは5,000~6,000円くらいします。
野フェスなどのアウトドアイベントで使ったり、浜辺でのんびりしたり、家でテレビ観たり……いろいろ使えます。めちゃくちゃまったりできるので、ひとつしかないと確実に奪い合いになります。

Nec_0104
ハリケーンとホビーをバックに、ヨッシーを座らせてみました。
「このイス、私は持ってる」と、本田圭祐のようなことをいっていましたが無視しました。

|

« ウエアに愛を。 | トップページ | カーペンター/ミニイール。 »

カヤック用品」カテゴリの記事

ナガ」カテゴリの記事

商品・店舗」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88283/57125570

この記事へのトラックバック一覧です: 「カヤック酔い」は克服できる。:

« ウエアに愛を。 | トップページ | カーペンター/ミニイール。 »