« 冬は指が千切れそうで | トップページ | 在庫処分セール☆ »

2012/01/22

よっしーの社会科見学~オオタケデザイン編~

水曜日、KAWAちゃんがナハマでイカを釣ってる頃
私はナハマには行かず、
沼津のオオタケデザインさんへお邪魔してきました。

お友達のみねちゃんの紹介で、
工房見学と 試乗艇をお借りして初詣漕ぎしてきたのです。


ベニヤ板で作るWooden Kayakの工房、オオタケデザインさん。
P1090494b

大嶽さんは、どうやらシャイな方のようで、
作業行程や材料・道具の解説はほとんどみねちゃんがしてくれました(笑)

P1090510


メモってこなかったので、ウロ覚えでごめんなさい。

間違ってたら後で訂正します。。


オオタケデザインのシーカヤックは、
型に合わせて切ったベニヤを貼り合わせる
ステッチ&グルー工法で作ります。

型を書き換えれば 2分割も3分割も 自由に作れます。
↓立ってるのは3分割ですね。
P1090499 P1090496

使うベニヤはこのサイズなので、カヤックにはとうてい短い。
P1090500

なので、継ぎ足すんですが、
ただ接着剤でくっつけるだけではありません。

断面をナナメにカットして、接着します。
貼り合わせ部分も目立たなくてきれいだし、強度も出るそうです。
P1090501

ナナメにカットする機械。
P1090509



これがカヤックの型。なぜか床に。。
P1090503

チャインなどの貼り合わせには、ワイヤーや結束バンドで“縫い合わせ”ます。

「縫う?!」

木を縫うってどういうこと?? って思いませんでしたか?


こんな感じ。
P1090495

簡単にいうと
穴開けて、ワイヤーを通して、貼り合わせ部分を接着して、
乾いたら、ワイヤーの飛び出た部分を切り表面をならす。。


接着の間、万力で押さえておきます。

P1090502

出来上がり、すごいきれいです。

P1090621


ハルのチャインは基本は6枚で作ってますが、
8枚に増やしたりもできます。
少し丸さが出ますね。

P1090497


デッキなどの外側は表面の木目がきれいですが、
ガラスクロスを1枚重ねています。
P1090513 P1090514

内側は貼り合わせ部分だけに、細いクロスを。

FRPと違って、ベニヤ自体の強度があるので
それだけで十分なんだそう。


P1090511

これで、デッキのカーブをつけます。


P1090508

コーミングサイズは 基本的にワンサイズで統一されてます。
カスタムで ちょっと小さくしたり大きくしたり出来ます。


コックピットの中は、
“普通の体格のひとが、普通の靴で入れる”サイズにしてます。


ハッチの枠も木。
さすがにスクリューハッチはプラですが。

P1090506 P1090505

あっ!
なんと、アイレッツまで木ですっ!

壊れにくくするために堅い木で作ってるんですって。すごい。

P1090507


大嶽さんのこだわりは、キールとシームライン。

ここに ギターに使う白い木を貼ると、かっこいいんです。

P1090623



オオタケデザインのカヤックは
艇の全長別、艇幅4タイプあります。

シングルで 14、15、16、17フィート。
それぞれ 艇幅別で ワイド、セミワイド、ミドル、ナロー。

タンデム艇もあります。
572.5cmのワイド、ミドル、ナロー。

P1090559 これはOS-16n(ナロー)

デッキの高さ、チャインの角度、カラーリング、etc.
木で作るので ほぼ全部 自由に決められます。

木の美しさを出したいので、
だいたいみんなガラスクロス1枚でクリア塗装のまま。

ハルとかにキズが付いてきたら、塗りなおすって方もいるそうです。

お気に入りのカヤックも、きれいに乗り続けられるってことですねshine


大嶽さん、お邪魔させて頂きありがとうございました。

質問やご注文は、
オオタケデザインさんへどうぞ!



では、試乗艇をお借りして、
ちょっとツーリングに行ってきま~す。


by よっしー

|

« 冬は指が千切れそうで | トップページ | 在庫処分セール☆ »

シーカヤック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88283/53779238

この記事へのトラックバック一覧です: よっしーの社会科見学~オオタケデザイン編~:

« 冬は指が千切れそうで | トップページ | 在庫処分セール☆ »