« 最新号、入りました~。 | トップページ | 体験会1029 »

2011/10/30

水曜漕ぐでしょう 風には負けます編②

さて、水曜漕ぐでしょうの続きです。



マヒマヒ社長が来たので、取材の方へ戻りしばらくすると
なにやら波打ち際に人が集まってます。

みんな、沖の方を見てる。


あれは・・・・カヌー?

あ、さっきのアクアミューズか。

あれっ、でもセール張ってない・・・しかも無人???



ギャラリーの横には砂浜に座り込む人がいました。

もしや、アクアミューズのオーナーさん?


話しかけてみると、

「流されちゃいました・・・」

どうしよう・・・・となす術なく 呆然としていたので
空のフネが漂流していたら大騒ぎになるだろうから、とりあえず海上保安庁に連絡しといた方がいいと話し、すぐに118へ電話してもらいました。

P1070404
(画面まんなかに小さく見えるのが、それです。)


海保に現場を伝えるも、“和田長浜”と海岸の名前を言っても一発じゃ分かってくれないんですね。
そんな細かいところまで すぐには分からないってことみたいです。
漁港とか言った方が分かりやすいんでしょうか?



オーナーさんは ウインドサーフィンも持ってきていたので、それで回収しようと言い出しました。

すでに結構流されていたし、
ウインドで辿りついたとしても どうやって牽引するんですか・・・・

止めた方がいいです。

もちろん泳いでいくのも、シーカヤックで行くのも危険です。
陸風が強いので、牽引して帰ってくるのが大変だと思います。
しかも、カヤックの準備もしていないので 到底間に合わない。


しばらくして、ヘリが一機飛んできて流されたあたりを旋回。
一点でホバリングしてたので 発見したかなと思われる。

P1070416



その直後、海保からオーナーへ電話があり、漁船が回収してくれたからM漁港へ取りに行くようにとのこと。

ほーっと一安心。。



この一件の原因は、
●波にさらわれるギリギリのところに艇を置いていた
●気づくのが遅かったため、強い陸風(北東)にどんどん流されていった
というところでしょうか。

センターボードなし、セール有り よりはマシでしたかね。
あ、でもセールしかなかったら すぐ風にひっくり返されるのかな?

波打ち際に置いていた艇が勝手に出艇していっちゃうことは
割とよくあることです。
すぐに気が付けば、じゃぶじゃぶ入って回収できるんですけどね。



このオーナーさん、ウインドサーファーではあっても
カヌー・カヤックは始めたばっかりだそうです。

「ウインドはセールとかがあるから、波打ち際に置いててもそんなに流されないんですけどね。。」

カヌーとかは水面に浮いてるだけ、みたいなものなので すぐ流されちゃうんですよ。
気をつけたほうがいいですよー。




という訳で、ちょっとしたハプニングがあった水曜日でした。

P1070417



このあと、取材グループとは分かれ、
サーフスキーのマヒマヒ社長と一瞬漕いできました。


北風だったので、ナハマから荒崎(北)方面に行き、小さいビーチで折り返してきただけ。

P1070421 P1070422 P1070423
P1070428 P1070434 P1070435

透明度上がっていて、
青緑の小魚の群れが泳ぎ去っていくのが見えます。
ちょっと水温下がってきて、秋っぽいですね。

横から強めに吹かれたので、ちょっとこわかったけど何事もなく戻ってきました。


最近シットオンばかりなので、リハビリって感じでした。
次はもう少し遠くへ行こうかな。


by よっしー

|

« 最新号、入りました~。 | トップページ | 体験会1029 »

シーカヤック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88283/53103788

この記事へのトラックバック一覧です: 水曜漕ぐでしょう 風には負けます編②:

« 最新号、入りました~。 | トップページ | 体験会1029 »