« 佐渡へ~佐渡へと草木もなびく 4度目の佐渡ヶ島遠征 | トップページ | Kayak55.com Uストリーム放送 佐渡遠征トーク »

2010/10/14

佐渡へ~佐渡へと草木もなびく 4度目の佐渡ヶ島遠征 勝負の二日目

5時にセットした目覚ましが鳴る。そこそこ酒を呑んだにも関わらずムックリと起き出す二人。

ちっ!「深酒で起きれなくて置いていかれた!!」なんてのもネタとしたら面白いのに・・・などと不埒な事を考えながら準備をし、酒の影響を微塵も感じさせずテキパキと準備をする二人も感動(笑)

P1000746 P1000747

車で5分で到着、風も穏かで心配していた天気も良い感じ。
ランナップはホビーレボ、スポーツ、フェニックス120、車載の重量の関係上この三艇となった。

P1000748 P1000749 P1000753
出艇準備に時間が掛かる・・・・ま、乗り合わせの遠征故仕方が無いことだが・・
恒例の出発前の記念撮影☆今年は三人の為絵図らが少々淋しい。
P1000754 P1000758 P1000756
さあさあさあ、一年振りの佐渡ヶ島、日本海である!!毎年日本海遠征を夢見るも佐渡ヶ島遠征のみで終ってる反省である。

水深25mまで5分、とりあえず青物が居そうなのでジギングからスタート。
初めて10分でヒット~とマッチョさんから声があがる・・・小さいワカシ・・・
それでもスタートしてすぐにヒットがあるのは嬉しいやる気が出るのだ。

P1000760 P1000764 P1000761
こちらにもコツンとアタリがあり乗るも即バレ・・・ワカシのようだ。

たかのっちさんからもヒットの声があがる。
小さいながらもワカシがまわっている

P1000873 P1000874 P1000875

うーむいい感じ、が、こちらのジグにはヒットしない・・・・

メインターゲットは真鯛、ハタなので鯛カブラに変更、ブリッジのブレイン100gオレンジゴールドにXシートGパーツ装着というスペシャルバージョンで挑む。

がアタリも無いのでインチクに変更、昨年実績ポイント近くにてフォールを繰り返す。魚探に反応は無いものの、飽きずに繰り返す。

と、フォールして着底間際にフワッと一瞬浮いたのであわせる。

ブルブルっと竿先が揺れラインが走る、久々の強いヒキだ!!

間違いなく真鯛だという底へ走る引き、楽し過ぎる!!浮かび上がってきたのは美しいピンク色の真鯛!!最高~!!

P1000769 P1000770 P1000772

サイズは45cm弱でしょうか、食べ頃ナイスサイズであります。

やっぱり真鯛とのやり取りは楽しいです!! このまま怒涛のラッシュ!!と意気込むも後が続きません・・・

似たような水深でマッチョ副隊長が戦っております、たかのっちさんは岩場のポイントを攻めております。風が少し強くなってきたので、浅いポイントへ移動しながらたかのっちさんの釣果を聞きに行きます。

初キジハタ(アコウ)を釣ったということで満足のご様子、一旦上がり休憩を入れることに。

P1000774 P1000777 P1000779

挽きたてコーヒーを入れ一息つく、午前の釣果をパチリ。

P1000781 P1000782

遅れて上がってきたマッチョ副隊長、40~60前後のイナダを結構釣ったが本命出ず・・・ということで少し意気消沈していた、(ぬふふ、毎回釣っているのでたまにはボーズもよかろう)

ここで、午後の予定の打ち合わせ、午後リベンジに出るか、陸っぱりエギングに切り替えるか、そのまま真野方面へ観光へ行くかなどである、風が多少上がってきてるのでたかのっちさんはエギングに切り替えるとの事。迷うに迷ったが、昨年午後に爆っている実績があるので、2時間だけカヤックフィッシングをやり、真野方面へお土産を買いに観光することとなった。

とりあえず、たんぽぽへ行き氷と弁当をゲッツ!!途中宿に寄り忘れたエビを取ってくる。

午後はエビが無くなるまで一つテンヤをやることにした。

P1000783 P1000784 P1000785

結局、12時過ぎに漕ぎ出し、浅場にて一つテンヤを落とす、着底前にアタリがあり鬼合わせするも乗らない。何度か繰り返すも乗らない、どうやらフグのようである。

時間も差し迫っているので実績ポイントへ移動。

一時間弱の勝負!!

とりあえず一つテンヤでスタート、が、毎回アタリはあるものの、乗らない。その度にエサを付けるので巻き上げねばならず手返しが悪い。

P1000786

あ!!どうせ取られるエサならインチクに付けてしまえ~とハイブリットならぬ廃ブリっと釣法を試みる。

丁度、魚探に真鯛らしき反応が出た、反応の近いポイントに着底!!ゴン!!竿先がしなりラインが出る、慌ててロッドを持ち直しやり取りを開始。 間違いなく真鯛だ!!しかも先ほどより重い!!

後で見直すと、釣り上げた後、カメラの前にPFDのストラップが掛かってしまい、真鯛にモザイクならぬ黒バーが掛かった状態になってしまった(泣)
それでも嬉しい60近いサイズ!!
P1000788
気が付くとかなり流されていた、風と潮が同調しているのか結構なスピードで流される。
小さな波を超え、元のポイントに戻る。
一つテンヤ用に用意したタックルは全てダイワ製だったので、ダイワ製のインチクを付け、オールダイワの廃ブリっとで再び投入。 魚探に反応は無かったものの、底付近でアタリがあり乗った。 軽いがロッドがよく曲がるので楽しい。

後はキジハタを狙うのみ!!と本格的に風が強くなり潮の流れもキツイので浅瀬に移動する、マッチョ副隊長に連絡を入れると、なんと真鯛をゲッツしたとの事・・・・やるなあ。

時間も丁度2時になったので、キジハタは諦め浜へ上がる。
P1000792  P1000794 P1000793
二時間でかなりのアオリを釣り上げご満悦のたかのっちさんに報告。
P1000796 どど~~ん ナイスサイズ!!!

や、やるなあ~!!

これぞ佐渡ヶ島遠征!!!今年もグーな釣果であります☆

P1000800 P1000803 P1000804

ホボ、鉄板の如く真鯛を釣り上げることが出来るようになったと自負してもいいのかな?過去に実績を上げてるので、ポイントの絞込み、タックルがマッチしているようだ。も少し時間があれば、もっと数が伸ばせたかも知れない。

余韻に浸る時間も惜しみ片付けをし、真野の酒蔵を目指す!!

P1000807_2 P1000810_2 P1000814

40分ほど走り続け見えて来たのは佐渡ヶ島の地酒の蔵元。駐車場の案内に従い裏手に回るとアルコール共和国という看板が・・・・あ・・あかん。

試飲できる上、共和国を謳われたらそらもう・・・酒が弱い自分が運転ですやん!!!

P1000816 P1000818 P1000823

酒造タンクやらの脇を抜け、店舗らしい母屋に抜けると、さ・・・さけ、酒が並んでおる・・・

P1000825 P1000827 P1000828

お土産に買うお酒を吟味してもらう為、お二人に飲んでもらい感想を聞く・・・・

結局、なにも呑まない自分が一番お土産を買ってたりして・・・

P1000830 P1000831 P1000833

集合写真を撮影してくれたのは、かのジェンキンスさんの娘さんのブリンダさん、現在こちらで売り子さんとして働いているようで、顔はお父さんにソックリでした。

ほろ酔い気分の二人を乗せ島の本間釣具店へ寄る、未だマトモに釣れていないので新たなエギを購入!!お世話になっているヤマリアの川上さんが至る所に・・・・

ここは、やはりヤマリアのエギにて釣らねば!!ということになり、宿に帰る前に一勝負することになってしまった(笑)

P1000834 P1000835 P1000836

そのまま近くの島で評判の回転寿司屋さんで夕食。

P1000839 P1000841

美味い地元産寿司を満喫し、宿近くの港にてエギングをする。買ったエギに見事ヒットし大満足!!やはりヤマリアさんのエギは最高!!!(KFM協賛ありがとうございます!!)

宿に戻り温泉に癒され、酒を呑み落ちた・・・・

翌日は10:20分のフェリーなので9時過ぎには港へ。

P1000844 P1000847 P1000848

直江津に昼過ぎに到着し、横浜に到着したのは7時過ぎ。

P1000857 P1000883 P1000885

アウトドアワールドつきみ野店にて衝動買いをして自宅に帰り着けば21時近く。

と・・・遠いです・・・

4年目の遠征ですが、仲間とワイワイしながらの旅は楽しいもんです。
カヤックフィッシングありきの釣行ですが、来年以降も続けて行きたいですね(笑)

佐渡汽船さんの割引が続きますように・・・

のぶぞう



|

« 佐渡へ~佐渡へと草木もなびく 4度目の佐渡ヶ島遠征 | トップページ | Kayak55.com Uストリーム放送 佐渡遠征トーク »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88283/49741877

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡へ~佐渡へと草木もなびく 4度目の佐渡ヶ島遠征 勝負の二日目:

« 佐渡へ~佐渡へと草木もなびく 4度目の佐渡ヶ島遠征 | トップページ | Kayak55.com Uストリーム放送 佐渡遠征トーク »