« 着物DEカヤック 花見は阿鼻驚嘆 | トップページ | 4月11日(日)試乗会 波アリ、風無し、晴れ間アリ »

2010/04/12

4月10日 臨時体験会 久々にグッドな海況☆

波も無く、穏やかな土曜日、風は北の風が2~3m前後、絶好のカヤックフィッシング日和です。 これで太陽が出てくれれば素晴らしく、参加者全員にヒットなんかしたりしたらパーフェクトであります。

Sany0124 久々の穏やかな感じ。

集合して着替える段になり、セミドライスーツのアンダーウエアの選択に悩みます。
このまま晴れ間が出ると気温が上がるので暑くなることは必至。蒸れ蒸れの熱々です。
皆さん、シャツに薄地のフリース系ミドルを着てます。自身もTシャツ、フラッドラッシュドラウトなのですが暑いことを予想。 

上 Tシャツ、ドラウト、フィッシングジャンパー
下 パンツ、フラッドラッシュ、レイヴンパンツ

となりました。ま海上で暑ければジャンパーを脱ぐか、ドラウトを脱げばいいですからね、気楽です。

セミドライスーツは少し悩みます。海上でのミドルの脱ぎがかなり難しいのである程度の我慢が要ります。 結局、厚手のフリースはやめてもらい、Tシャツ、薄手のミドルになりました。

艇を海岸に運搬、皆でパチリ☆気合が入ったいい顔をしてます。
Sany0125 Sany0126 Sany0127

本日の自艇はX-13ライム、艤装が完成されているのでフィッシングには最高です。

Sany0129 Sany0130
出艇して、まず実績のあるイカ狙い。 ポイントにてキャスト、底を取りますが北の風に流され、着底が取れません・・・・やっぱりアンカーが必要だな・・と反省。

参加者全員分アンカリングシステムを用意するもの容易では無いので、ガイドのアンカリングに数珠繋ぎにする、というのが現実的なとこでしょうか。 アンカリングを含め、もう少しエギングも練習しておきます・・ 早々に全員でルアーにチェンジ。

魚短は常に鳴りっぱなし状態、感度のせいか、海中のプランクトンに反応している模様。
あまりに五月蠅いのでサイレントモードに変更。

魚らしい反応が無いので、ポイント移動。 途中でMさんにエソがヒット☆
Sany0132 Sany0133 ボーズ回避です。

太陽が顔を出し、強い日差しが海面をキラキラと照らします。紫外線が強いので目が痛いです。 日焼け止め、帽子、サングラスは必須の季節となりました。

初カヤックのSさんもKFを楽しんでくれてます。

Sany0135 Sany0136 Sany0137

お昼前に北の風が止み、久々のベタ凪状態に。 水深40m付近にてバイブレーション、カブラ、インチクを落とすもアタリ無し。 軽くアタリがあった人もいましたが、釣れませんweep

ま、S級の人達でもボーズ続きなので仕方がありません。

安定して水温が上がり、ベイトの群れが湾内まで来るようになれば、賑やかになるかと思われます。 

Sany0140 穏やかです。

お昼の13時を過ぎたあたりで風が東に変わりました。帰路の方向に近い風なので、浅いポイントへ移動しながら帰ります。
意外なことに、水深15m以下のポイントの方が魚影が沢山ありました。それでもシーバスや青物の反応はありません。

東の風が次第に強くなってきたので納竿し、浜へ戻ります。
Sany0146 Sany0147 Sany0148

スタート時に比べると格段にパドリングが上達してますね。
一度でも経験している、してないの違いが大きいのがカヤックです。

東の風が幸いして、苦労無く浜へ到着。 

Sany0152 Sany0154 Sany0155

お疲れ様でした~!!good 皆さん立派なKFAです☆

実際に海上でのカヤックの動き、釣をする時のカヤックの移動技術、ポイントへのアクセスの仕方など、沢山の経験を身体に叩き込まれたと思います。 

明日は筋肉痛かな~と笑っていましたが、普段使わない筋肉を沢山使います、体力増強にはもってこいですね☆ これで美味しい魚が釣れたらパーフェクトスポーツですhappy01

釣れなくても海の上は最高に気持ちがいいです~~~が最近の合言葉です(爆)

        のぶぞう




|

« 着物DEカヤック 花見は阿鼻驚嘆 | トップページ | 4月11日(日)試乗会 波アリ、風無し、晴れ間アリ »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88283/48065110

この記事へのトラックバック一覧です: 4月10日 臨時体験会 久々にグッドな海況☆:

« 着物DEカヤック 花見は阿鼻驚嘆 | トップページ | 4月11日(日)試乗会 波アリ、風無し、晴れ間アリ »