« 2月21日 試乗会 開催☆ | トップページ | 釣りの練習 管理釣り場へ »

2010/02/23

艤装 魚探取付と振動子の取付位置

以前より気になっていたホビーカヤックの魚探取付位置と振動子の処理。

自分で出艇する際は、使用魚探がLOWRANCE X-50なので、振動子からケーブルが4m近くあったので、リアのスカッパーを通し、ケーブルをフロント部分までデッキの上を通してました。
Sany0010 Sany0018
そんなに不便を感じてはいなかったのですが、配線が狭いデッキの上をノタまわってるのはあまり宜しくありません。 自艇なら船底にコーキングで貼り付けてデッキに穴開けてケーブルを出してしまえば済むのですが、試乗艇を兼ねている艇なので出来ません。

ホンデックスHE51Cを使用する際は、振動子に浮力体をくっ付けて海面を漂わせていました。
移動中はまともに反応しませんし、ポイントに到着しても小さな波で大きく動くので反応が芳しくありませんでした。

理想は魚探のベースと一体化していて、台座ごと持って行けば完了という一体式です。

ということで、お店にある部材等を使って作ってみました。 スコッティのベース、フィッシュファインダー以外の材料費は500円といったことでしょうか。

ツッパリ棒(太22m)がセイルポストに丁度収まりますので、スコッティのフィッシュファインダーの差込部分を削って入れ込みます。 ツッパリ棒は鉄製なので、錆びますので、海水が触れないようにしてあげると良いですね。フィッシングショーで余った板切れを乗せ、位置を出します。

Sany0198 Sany0199 Sany0200
ドライブシステムが干渉しないように、出切るだけバウ側に取り付けます。
ステンレスの木ネジで固定、海水に浸かるアームの部分はステンレス製棚受けを使いました。
喫水よりある程度下になる長さが必要です。

Sany0206 Sany0210_2 Sany0201_2

位置が決まったら、魚探を買う際に付属している振動子のパーツを取り付けます。
魚探にフィッシュファインダーマウント取り付けます。 取付位置は前部分です(ポイント)
Sany0203_2 Sany0204 Sany0205

魚探のベース、サイドデッキマウントを板に取り付けます。
ステンベースも木ネジで固定、振動子を取り付けてます、とここで振動子の取り付け穴との位置ずれが判明、ステンレス用ドリルにて穴を増やしました。

Sany0208 Sany0209 Sany0211

横向きですが、取付完了。魚探本体のネジ山が腐食してたので、オイルを塗ります。
取付位置がフロント部分が分かります、足漕ぎの場合、ペダルに干渉しない位置にするのがポイントなんです。
Sany0213 Sany0214 Sany0215

装着してみます、ま、簡単に作った割りには良さげです。
Sany0216 Sany0217 Sany0218

と、ここで、ペダル位置を最長にしてみました。
・・・・見事干渉してしまいました。
という訳で干渉しない位置までズラシ、水圧で後に下がらないように紐で固定・・・
でなんとかなるかな~
Sany0221 Sany0223 Sany0222

他のシットオントップでも応用できるやり方です。

艇に穴を開けないので簡単でリスクも少ないです、ベースにサイドデッキマウントロッドホルダーも追加できますし、イロイロと改造もし易いです、海水を被るので、オイルステンやペンキ等で保護してあげた方が長持ちしますし、見た目の良くなります。 

問題点としては、位置が遠く、ユニットの前にあるので、操作が殆ど出来ないという所です。
特にGPS魚探のように、ポイントを登録したりする場合にはもっと手元に取り付けた方が便利です。

久々の艤装であります。 参考になれば光栄です。

完成動画をアップします。

             のぶぞう

|

« 2月21日 試乗会 開催☆ | トップページ | 釣りの練習 管理釣り場へ »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
またもナイスな艤装ですね。
自分の魚探でも応用できそうです。
参考にさせていただきます。

投稿: チョッコー | 2010/02/24 00:18

見事ですね~
狭いスペースに工夫されて魚探が見事にセットされて。

カヤックの場合こうやれば良いのかと、非常に参考になります♪

投稿: GPS | 2010/02/24 09:31

チョッコーさん

ホビーの場合は狭いスペースをいかに有効に使うかがポイントですよね、皆さん一番悩むのが振動子の取付とロッドホルダーの増設ですね。

GPSさん

参考になって嬉しいです。
普通のシットオントップだと結構スペースがあるので設置場所には困らないんですが、足漕ぎは特殊なので結構悩みます。

昨日、スタッフのKAWAちゃんが実際に使用してみました、斜め前に振動子を設置した為、移動の際の波きりの影響をモロに受けて感度は良くなかったとの事でした。 水流(気泡)の影響を受けにくい真横や後ろ側にするか、アームの長さを伸ばしてもっと深い位置に設置するともっと良くなると思われます。

投稿: のぶぞう | 2010/02/25 14:06

先日はお世話になりました。
帰りはしっかり渋滞でした(笑)

艤装は色々と悩んだのですが、アウトリガー用のベースを利用して台座をチェンジノブで比較的容易に取り付けられるようにしました。魚探は台座にサイドデッキマウントのベースをボルト止めして固定。振動子はほぼ、今回紹介された方法と同じですが台座に丁番を取り付け、アームが着岸時に上げられるようにしてみました。
シート後ろのベースにも台座を付けフラッグの取り付け及びロッドホルダーも追加できました。
とりあえずこれで浮かんでみます。

なかなか、お伺いすることはできませんが、今後もお世話になると思いますのでよろしくお願いします。

投稿: おやじA | 2010/02/27 23:41

おやじAさん

先日はありがとうございました。
やっぱり渋滞はまりましたか・・・ETCの恩恵ながら渋滞はイヤですね~

お、艤装が着々と進んでいるようで、鬼門である振動子の取付もバッチリなようですね、位置も海面に近いと水流の影響を受けて反応が悪いのでアームが上げられると長さを取れるので便利ですね。流石です。
いづれ、こちらから遊びに行きますのでその際はヨロシクお願いします☆

投稿: のぶぞう | 2010/02/28 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88283/47642402

この記事へのトラックバック一覧です: 艤装 魚探取付と振動子の取付位置:

« 2月21日 試乗会 開催☆ | トップページ | 釣りの練習 管理釣り場へ »