« シットオントップカヤック サイストラップの使い方 | トップページ | ロブソンパドル ボイジャーとストーム »

2009/07/12

短期集中連載 腰痛とカヤックフィッシング

「カヤックの姿勢ほど腰に悪いモノは無い!!」と通っているカイロプラティック専門学校の校長に言われた。

【腰痛の方程式】 屈曲姿勢(前かがみ)×軸圧(上からかかる圧力)=腰痛 

からすれば長時間足を投げ出して丸くなって漕ぐ姿勢は腰痛には自殺行為にすら等しいと思われ、絶対にやってはいけない姿勢の保持ということになるらしい。(ちょっと小難しいですな)

ん??金曜日にギックリ腰(ヘルニア)になって翌々日の日曜日14km漕ぐカヤックレースに出た自分はなんだったんでしょう??

かの中村軍曹はカヤックを漕ぐようになって腰痛が治ったとの噂が。

もし、最悪のポーズを保持しているのなら、ギックリ腰の状態で漕げる訳など無く、悪化こそすれ治る訳がないのである。

一度ヘルニアになると、癖になり再発し易くなる訳で、カヤックが腰に最悪のスポーツならば、下半身不随になっていてもおかしくないのである。

う~~ん不思議だ。

あれこれ考えた結果ですが。

自分が無事に生きてる証として必ずしもカヤックは腰痛に最悪とまでは言い切れない!!と実証できる。

ということは 屈曲×軸圧=腰痛

の基本的方程式が当てはまらないということ、何故か?

それは、カヤックが海上(水の上)という軸圧が掛かりづらい場所で行われるからだいうこと!!!決まり!!! 寝ている状態で屈曲姿勢をしても平気なのと同じですね。

加えてカヤックを漕ぐと腹筋、背筋、肩周り、腕周りの筋肉が鍛えられます。

特に背中の体幹部分が鍛えられるので、腰痛の起きやすい腰椎周りの筋肉が強く太くなり結果ギックリ腰等になり辛くなるのでは?と仮定できます。

水の上ではそれなりに大丈夫だと思うのですが、陸上に上がった瞬間、長時間同じ姿勢で座りっぱなしの筋肉はバリバリです。 危険です。
なんの準備運動も無しに激しいスポーツをやれば怪我をします。同じです。

陸に上がったら先ず、体を逸らして凝り固まった筋肉をゆっくり伸ばしてください。

凝り固まった腰の状態で重いカヤックを持ち上げた瞬間に「ギックリ!!」・・・・・

車の上に載せようと持ち上げた瞬間「ギックリ!!」・・・・

笑えません・・・

日頃に姿勢にも気をつけてください。出来るだけ背筋を伸ばして生きましょう!!

予防に最高のマッケンジー体操を紹介します。 _| ̄|○  → __/|○ 

10回をワンセット、一日6回やりましょう!!
効果は絶大です☆

特に長時間座りっぱなしのKFAの後には細心の注意を払いましょう、急な動きは厳禁です。

くしゃみも危険ですね~ ヘルニア期間中、くしゃみが出そうになると死ぬほど怖かった・・

くしゃみが出そうな時は手を膝や太ももに添えて軸圧を逃がしてあげましょう。

という訳でKFAの皆さんの腰痛が少しでも和らぐように 人( ̄ω ̄;) 合掌

ともあれ、カヤックで大海原へ漕ぎ出した時の最高の気持ち良さ。

日頃のストレスが吹っ飛び、破顔一笑してしまいます!!

おまけに大物なんか釣れたりしたら腰の痛さなんか何処へやら(笑)

体と心に大敵のストレスが軽減される、それが一番の健康への道!!

楽しく安全にストレスフリーで生きましょう☆

 

  のぶぞう

|

« シットオントップカヤック サイストラップの使い方 | トップページ | ロブソンパドル ボイジャーとストーム »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88283/45614818

この記事へのトラックバック一覧です: 短期集中連載 腰痛とカヤックフィッシング:

« シットオントップカヤック サイストラップの使い方 | トップページ | ロブソンパドル ボイジャーとストーム »