« みなとみらいでのシーバス・メバル釣り | トップページ | 和田長浜 大時化 試乗会は中止です。 »

2008/12/04

アンカリングあれこれ(加筆しました)

カワハギ、アオリ狙いで出艇することが多い昨今、アンカリングの必要性に改めて気づきました。

アンカリングは南伊豆子浦で沖堤防の裏でアジを釣ってる時に使用して根に掛けてしまい回収するのにえらい大変な思いをしてから使ってませんでした。ま、餌釣りから本格的にジギングに移行した時期なんでパラアンカーで十分でした。

サウスウインドには全6種類のアンカーがあるのでインプレをしようかと思います。

よく売れてるのは4つのフォールディングタイプ1.5kgですね。

ロープの取り付け位置を下側にして上側に仮止めするというやり方が一般的です。

(参照5月10日ブログ記事 アンカリングの技)

このやり方でも根にガッシリ掛かると取れない事も多々あるそうです。

Sany0988 Sany0989 Sany0990 Sany0991 Sany0992






砂浜で重宝するのはマッシュルームでしょうか?

面白いアンカリング方法としては、ずだ袋に海岸で砂を詰めて両端にロープを掛けて
沈めるというやり方です。
ずだ袋は片方が口が開いた状態、でアンカンリグ時は口が空いてる方のロープで荷重を掛ける、撤収時には反対側のロープを引っ張り何度か揺すると砂が流れ出る、という仕組みです。

似たようなやり方で浜にある石を袋に詰めてやっている人も居ました。
都度、海の中に砂や石を置いてくるのでローインパクトなのか疑問もありますが・・
(やっている人は浜にある物だから、鉛に比べたら全然マシと言ってましたが)

さて、アンカリングで頭を悩ませるのがロープの仕舞だと思います。

50mのロープでアンカリングした際、巻上げだけで疲労困憊、
船上は戦場のごたる惨劇。サビキは引っかかりと大変な目に合いました。

散水用のホースのリールにロープを使っているボート釣り師の方もいました。

スマートなやり方をしているのはTEAM KのK親子

3c04 722d Sany0749


 

 

 
 
 
 

太いPEラインをロープ代わりにして大型両軸リールにて巻き上げ。
根ズレによるラインブレイクを防ぐ為にアンカーから鎖をショックリーダー代わりに。

これだと、スペースも取らず、巻き上げも簡単ですね。 素晴らしい★

明日の試乗会、午前の部しか入ってないので午後から釣りでも!!と考えたのですが、
風と波が怪しいので・・・・ですね。

早朝から釣りに出れると最高なんですが、沖から戻るのに手間取り、遅刻した事があるので無理は禁物と。

でもカワハギリベンジしたいなあ~!!

寒風の

吹きさむ中で

試乗会

熱き思いと

商売魂   字あまり

                のぶぞう

 

|

« みなとみらいでのシーバス・メバル釣り | トップページ | 和田長浜 大時化 試乗会は中止です。 »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

コメント

ちなみに我が親子は第一精工のスパイクアンカーです
水深25mで中程度の風とうねりの中、エクストリームと
X-13を止めるのに1個落とせば全くの無問題でした。
だって5Kg/1個あるんだもん♪
元々の重さがあるので、落したその場で定位しているらしく、根掛りもほぼ皆無。それに形状が丸いので、たまに根掛ってもそのままテンションかけてればスルリンってはずれますよ。
え?引き上げるのに重くないですかって?
がははは、食い込むよ、指に(笑)。

投稿: まつだいら | 2008/12/05 17:39

今日の句はイケてます!

基本的には流しながらの釣りしかしてないのでお手製パラアンカーを使ってますがコマセやカワハギの時は必須ですよね…。

ヤバいまた改造箇所が増えちゃう…

投稿: 厚木E | 2008/12/05 21:26

まつだいらさん

水深25でガッチリ利くにはいいっすね、
指に食い込む感じは仕方ないっす、
5kgのマッシュルームがどうかな~という感じです。

厚木Eさん

お手製でも利けば問題ないっすね。

改造箇所は増え続けますよ。 そんな艤装魂がムズムズする
冬なんです。

投稿: のぶぞう | 2008/12/05 22:48

引き上げ時の重さは、アンカー本体の重さにプラスして、そのアンカーの水の絡み具合も結構響いてきますね。針金型のアンカーは引き上げ時の抵抗は物凄く軽いです。

スパイクアンカーは円盤型だけど、引き上げ時は一本の線に近くなるから、本体の重さの割には良い線いってるかもですね。

急いで上げようとすると、その形状から、フォールディングアンカーでも良く水を掴み、意外に重かったりしますけど、爪の間をドリリングして大穴空けて(マッシュルームは少し空いてますね)やったら案外軽く巻き上がるかも!?って最近考えてます(穴の分軽くなるのでどっちの効果か判り難そうですが・・・)。

投稿: K | 2008/12/05 23:06

回収率、巻揚げが簡単、なにか有った時に捨てやすい&拾いやすい。
という事を考え、ただいま思案中。
現在、手元にはマッシュルーム3キロ、フォールディングアンカー0.7キロが有りますが、システムは思案中です。
知人はズタ袋に石が良いとか、ブロック、たけのこの水煮缶にコンクリート詰めなど、安価で、何か有った時に捨てられる物を使う人が多かったです。
ただ、岸の近くの場合、漁船、地引等でとんでも無い目にも遭っているというので、一時放し、後で回収できるシステムというのを目指したいと思っています。(沖のみで行うのであればあまり関係ないと思いますが・・・悩みますね)

投稿: nishi | 2008/12/06 01:41

Kさん

そっか、引き揚げ時の負荷も考えないといけないのね。
ひたすら力で引き揚げると疲れるだけですもんね。

うーん、奥が深いなあ~アンカリング道。

nishiさん

後で回収するならラインの最後にフロートを付けるといいです。
何かあったらフロートごと切り離して、後に回収。 
目立つように小さな旗とか付けとくといいですね。

アメリカのKFのDVDでやっていて目から鱗が落ちました。


投稿: のぶぞう | 2008/12/06 13:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88283/43319984

この記事へのトラックバック一覧です: アンカリングあれこれ(加筆しました):

« みなとみらいでのシーバス・メバル釣り | トップページ | 和田長浜 大時化 試乗会は中止です。 »