« 佐渡ヶ島遠征記 怒涛の二日目 探検隊堤防攻防戦 | トップページ | 佐渡島遠征記四日目  真鯛の神様が再び舞い降りた »

2008/11/08

佐渡島遠征記 通常の三日目 探検隊一時の安息

佐渡島遠征三日目。

昨晩、遅くまで釣りをしていた隊員達は完全な安息モード。

なめろう汁やアジフライをのんびり堪能してます。

Sany0588Sany0589

 

  

天気も海況も悪いのでカヤックでの出艇は諦めて、両津方面へ偵察に向かうことに。

Sany0590Sany0591Sany0593

 

  

真野湾も荒れてます、人の横顔そっくりの人面岩、道の駅でソフトクリームを堪能。

片道1時間近く、両津港に到着、堤防を見るとアジが良さそうだったが、昨晩捌きに捌いた鯵が大量に残っているのでアジ釣りは禁止となっていた。

港近くの昨年も寄った定食屋にて昼食、イカボールが美味いのだ。

Sany0595_2Sany0596_2

 

  

隊長エビフライ、副隊長牡蠣フライ、上等兵、班長イカボールである。腰の悪い愛想のいいオバアがいい味を出している。(画像無し)一同満足し、店を後にして車に向かうと・

Sany0597Sany0598

 

 

 後部のタイヤがパンクしていた。

誰も騒がず慌てず黙々とタイヤを交換する、副隊長がいるからジャッキが必要無いねとのジョークも軽く日本海に流された・・・・(´・ω・`)ショボーン

さすが探検隊である僅か20分程で交換完了。 

そのまま、近くの釣具屋に偵察、飾ってある魚拓は80オーバーの真鯛ばかり、ノッコミの春に釣ったようだ、日時は5月が多い。次回の遠征日時がやおら決まった瞬間であった。

両津港の堤防にて釣り開始、隊長 メバル狙いのワーム釣り、副隊長 炎月投げ式で五目釣り、班長 適当狙いのキス仕掛けにガルプ、上等兵 車内居残り自慢メール連投

山からの強烈な吹きこぼしが激しくとても寒い!!

逃げるように退散、下調べした日帰り温泉に特攻!!

いきなりサウナに直行するマッチョ副隊長!!(゚ロ゚屮)屮

いつものジムの癖なのだそーだ・・・

Sany0599Sany0600Sany0601    

 

 

心も体も温めて向かった先は佐渡島にある大型釣具店本間釣具店!!直江津にある24時間営業の支店なのだ。

Sany0602  

 

 店舗の大きさといい品揃えといい素晴らしい釣具店である。

それぞれが各々の買い物をしていると、貴重な情報をくれたイナベさんがやってきた。改めて御礼を述べてしばし釣談義。そーいえば、昨日堤防でアジを釣っている時、もう一人の恩人であるタカツさんが息子さんと自転車でやってきてくれた。 地元の貴重な情報を惜しげも無く提供してくれた恩人達に感謝である。ボーズの班長コマセを買った・・・

早めに帰宅して、アジ料理三昧アゲインである。炭焼きも欠かせないのだ。

Sany0604Sany0605Sany0610  

 

 

美味しい夕食を堪能し、明日こそは!!と万全の準備をする。

スギタニ隊長はすでの明日の戦闘服を着込んでいた、さすが隊長である。

明日は鯛ラバー一本、魚探無しで行くと言う、片道燃料特攻のような気合である。

副隊長はジグと鯛ラバーの二刀流!! 上等兵は鯛ラバーのみ(自信満々)

班長はビシ釣り、ジギング、鯛ラバー、エギングと節操無しである、なんとしてもボーズだけは回避したいという心の焦りが浮き出ている・・・

副隊長のラインシステム講座開催。(撮影すればよかった)大型カンパチ、GTなどをやっている副隊長のラインシステムはとてもシビアなのだ。

怪力で締め付けられたFRノットは完璧だと思われ、4号8つ網ジグマンPEと60Lbのショックリーダーでヒラマサを釣るのだ!!と班長の鼻息も荒かった!!

それぞれの決意宣言!!

 

嵐のような風が吹き始めた。

そして夜は吹け怒涛の4日目に突入するのである。

      のぶぞう

|

« 佐渡ヶ島遠征記 怒涛の二日目 探検隊堤防攻防戦 | トップページ | 佐渡島遠征記四日目  真鯛の神様が再び舞い降りた »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88283/43051742

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡島遠征記 通常の三日目 探検隊一時の安息:

« 佐渡ヶ島遠征記 怒涛の二日目 探検隊堤防攻防戦 | トップページ | 佐渡島遠征記四日目  真鯛の神様が再び舞い降りた »