« 佐渡島遠征記 通常の三日目 探検隊一時の安息 | トップページ | 第一回和田長浜カヤックフィッシングミーティング 変更点 »

2008/11/09

佐渡島遠征記四日目  真鯛の神様が再び舞い降りた

佐渡島四日目

前日より吹き荒れた風はテラスのテーブル、椅子を飛ばしていた。
気合を入れて三時に起きるもまるで台風のようである。
天候が回復することを祈り、6時に起きて外を見る。

荒れ模様ですね・・・この時点では少し諦めました。

隊員達の念力が通じたのか、8時過ぎに晴れてきました。飛び起きた隊長と班長が初日に出た海を偵察、ほとんどべた凪状態に興奮して戻り、ミノムシ状態の副隊長と上等兵を叩き起こした。 慌てて朝飯を食べて出発!! の前に決意表明。

Sany0616 Sany0618 Sany0619

 

15分程で到着
シーサイドヴィラ前の海が嘘のような穏やかな海。
海上もキラキラしていて、我々を暖かく迎えてくれている。
Sany0620 Sany0621 Sany0623

   
 

前日の準備がいい為、早めにセッティング完了。

Sany0630  

 

満面の笑顔のスギタニ隊長。

Sany0625_2

フルドライの完璧装備のマッチョ副隊長。

Sany0628  

 

余裕顔のブチ上等兵。

Sany0626  

 

釣る為ならなんでもします、のぶぞう班長

Sany0632

全員でパチリ!!

Sany0633 Sany0634 Sany0636 Sany0637 Sany0638 Sany0639

Sany0641

 
 

出艇ポイントは穏やかだが、少し沖は荒れていた。前回のポイント近辺を狙う。

鯛カブラとビシ釣りの二刀流。 入れ食いを予想していたが、反応が無い・・・
時折、魚探に写る青物らしき反応もアタリなし・・・

潮が早いため、ビシと餌の同調が難しい、Xウイングを装着した船上では作業スペースも少なく大変である。
カブラも潮に流され着底がうまく取れない・・・60gでは厳しい。
あまりにアタリが無いので緩慢な釣りになる・・

Sany0643

ビシ釣りで釣れた一匹・・・ベラである。

三浦と同じ反応が魚探に写る、鉄壁のイナダ反応である、しかしジグに全く反応しない・・
風が強くなり、うねりも大きくなってきた。

 
 

お昼休憩の為一旦上陸。 先に休憩していた副隊長と上等兵が賑やかなに話をしている。
クーラーボックスを見せてもらうと・・・・

Sany0644 Sany0649

でたあああ~~~!!大真鯛アゲイン!!

クーラーに収まって無いじゃん!!!上等兵やば過ぎです!!

隊長は海上で昼飯を食べているらしく上陸せず戦い続けている。

副隊長、班長ともほぼボーズである・・・・絶対的に釣れると思ってたビシ釣りが駄目だったので戦意喪失・・・このまま終了しようかと思っていた時、真鯛の神様が舞い降りた上等兵から、竿を一本にしろ、カブラのみで集中せよ、魚探を外せ、とのありがたいお言葉を頂いた。緩慢な釣りゆえのボーズである。 心と装備を入れ替え第二戦に望んだ。
Sany0651

  

ポイントを水深30mの浅場に絞り、カブラをひたすら落とし込む、
毎回巻き上げのスピードを変たり、着底からのアクションを変えたりと試行錯誤を繰り返す。

流されたら元の場所に戻りの繰り返し、ひたすら同じことを繰り返す。

日が落ちてきた佐渡の風は冷たく、指先の動きが鈍くなる。

何度か繰り返す内、アタリらしいものがきた。 巻き上げスピードを同じにして繰り返していると、ぐぐぐぐっと竿先がしなった!!


きゃ~~~!!きた~~~!! ちょっと小さいけど美しい真鯛である。 信じて鯛カブラをやり続けた結果が出ました!!嬉しい☆

副隊長も念願のキジハタと真鯛を上げた!!

隊長もホウボウを上げたらしい。

夕暮れまで粘るもその後はアタリは無し。

ホクホクの二人と粘ってた隊長も納竿の模様。

暗くなりかけた4時半に諦めて納竿、美しい夕暮の中、帰路に着く。

Sany0659 Sany0660

  
 

上陸した隊長は早々着替えていた、終日粘っていたので身体が冷え切っていたらしい。
上等兵が美味しいコーヒーを作ってくれた。

その後は釣果報告!!素晴らしい!!結果、真鯛3 キジハタ1 ホウボウ2という立派な釣果 081104_16160001081104_16160002Sany0661

大真鯛の重さを共有させてもらいました。

た・・・隊長~!!明日の朝も出るんで

すか?? 「・・・・・・・」無言の隊長・・・明日の朝は出艇しないと決めての片付け。

Sany0667 Sany0665_2Sany0666

このまま、近くの温泉で凍えた身体を温めて帰宅。

Sany0670

最後の晩餐は調理班長特製カルボナーラとアジフライのペペロンチーノを堪能し

終日漕ぎ続けて疲れた身体に鞭打ち道具類やら何やらを積み込んだ。

Sany0671

がんばったリール達を手厚く看護。

最終日前日、心地よい疲労感に包まれて安眠の途につく隊員達であった。

佐渡島豊饒の海に感謝である。

|

« 佐渡島遠征記 通常の三日目 探検隊一時の安息 | トップページ | 第一回和田長浜カヤックフィッシングミーティング 変更点 »

カヤックフィッシング」カテゴリの記事

コメント

良型の真鯛ですね。素晴らしい釣果ですね。

投稿: デプス サイドワインダー中古激安情報 | 2008/11/09 20:20

デプスさま

ありがとうございます。
正味1日半の釣果としては素晴らしい釣果だと
思います。
昨年の60cmを軽くオーバーしました。

し・・・しかし 佐渡ヶ島だと60cmがアベレージ(平均)だそうで・・・

先月は90オーバーを釣り上げた方が言ってました。

来年の遠征に期待します!!

投稿: のぶぞう | 2008/11/10 10:11

遠征お疲れ様です!

やっぱマダイいいっすね!!
今週末は地味にマダイ1本で頑張ってみようかな~。
ビーチクリーンでは1等賞目指して頑張ります♪

投稿: 厚木E | 2008/11/10 12:59

厚木Eさん

参加ありがとうございます。
ビーチクリーンでの一等賞期待しております。

が、午前中に別の団体さんがビーチクリーンを行うということで
あまり汚れてないかと思います。

しか~し、来た時よりも美しく!!

何度でもビーチクリーンして長浜を日本一のビーチにしましょう。


投稿: のぶぞう | 2008/11/13 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88283/43059701

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡島遠征記四日目  真鯛の神様が再び舞い降りた:

« 佐渡島遠征記 通常の三日目 探検隊一時の安息 | トップページ | 第一回和田長浜カヤックフィッシングミーティング 変更点 »